シアリスでセックスレス解消!

尿管に異常があってもシアリス処方は保険適用外

シアリスは基本的には保険適用外の自費処方です。
また、尿管結石などの病気が原因のEDであっても保険の適用からは外れます。
尿管結石などの場合、多くは腎臓に問題があることでEDになる可能性があります。
たとえ病気によるED治療であっても、保険適用外の自費治療になります。
ED薬にはシアリスやその他、いろいろな種類がありますが、全て自費処方になります。
ただし、尿管に問題がある場合や腎臓に問題がある場合には、その治療に関しては保険適用になります。
尿管結石など、腎臓に問題がある場合には、EDを併発することがあります。
このような場合には、原因となる腎臓病などの治療を行うことでEDを改善することがあります。
また、腎臓病などによって透析を受けている方もEDを発症しやすいといわれています。
これは、男性で透析を受けている方は、勃起に必要なテストステロン(男性ホルモン)の値が低下していることが原因です。
このように、透析による弊害によってEDを起こすこともあります。
腎臓に問題があることで、血中の不要なものが十分に取り除かれないため、血管の障害がおきやすくなります。
その結果、陰茎への血流に問題が発生し、EDとなります。
これは、メタボリックも同様です。
メタボリックにより動脈硬化などの血管障害により、陰茎への血流が悪くなるとEDになる確率が高くなります。
しかし、このような場合でもシアリスなどを使用することで、EDを改善することは可能です。
腎臓やその他の病気でも同じなのですが、持病がある場合にはその旨をしっかり医師に伝え、ED薬の使用が可能か相談するといいでしょう。
個人判断での使用は危険なため、持病がある方は特に要注意です。